ぼんやりしてても願いは叶うのか?

ゆるっとまるっと引き寄せ体験についてのこと。

叶った願いの考察#5(今どんな音を奏でてるか?)

f:id:yurumaruhikiyose:20170512232541j:plain

さて。本日2回目の更新。

これは家のシンボルツリーのジューンベリー

ちょうどこの家に引っ越してきたのが6月で、

実がなる木がいいなと思ったのもあって植えた。

昨年は今まででいちばん実が生った。

今年はどうかな。

毎年、熟すとヒヨドリが来て教えてくれるのだ。

 

今日の1回目の更新で書いたように、

 

 

yurumaruhikiyose.hatenablog.com

 

最近、モテようとしてるわたしだが、実際全然モテないかというと、

おかげさまで意外とモテているほうだと思う。

モテの基準は人それぞれなので、独断で書いてる。

いろいろとその辺はご容赦願いたい。

 

まず、オットにモテている。

結婚して20年近く経つが未だに好かれている。

結婚する前も意外とモテていた。(他の男性陣にも)

世の中にはマニアックな人はいるのだ。

あと、動物と子供にも意外と好かれる。

お客様にもモテてると思う。

毎回、お土産を持って来てくださる方までいらっしゃる。

というかお金と時間を使って会いに来てくださる自体、

好かれてないと無理だと思う。

 

調子に乗ってんなぁ〜ということではなく、、、。

 

本当にモテる人はそれが普通のことだから、

水道ひねれば水が出るくらいのことだと捉えてるんだと思う。

なので、わたしも、

 

お前はすでにモテているっ!!

 

ケンシロウばりに潜在意識にインプットすることが必要だと思ったのだ。

 

これは引き寄せということにも大切で、

 

無いからあるにしようと思うと、

足りないという現実が上書きされるだけ。

 

でも、すでに「ある」と気づけば、

どんどん「ある」が更新されて行くのだ。

 

先ほどのブログを更新したら、何故か急に読者が増えて来たのも、

すでにモテが更新されていってるんだと思う。ヤッタネ。

ありがとうございます✨✨

 

ここまで読んで、こいつはかなりのお調子もので楽天家だぜ、

と思われたかもしれないが、

 

わたしもそう思う。

 

ただ、今まで、  願いが叶う時や、面白い流れになる時や、

シンクロニシティが起きる時をあらためて考察すると、

 

圧倒的にお気楽に、調子に乗って楽しんでる時が多いのだった。

 

友達に誘われたので、(誰が来ると聞かずに)のこのこ食事会について行く、

お気楽に思ったことを大胆につぶやく、

面白そうとイベントに参加してみる…等々。

 

その先に思いも寄らぬ繋がりがあった。

 

もうこれはずっと気づいてたけど、

なんだか嫌だったのだ。

 

真面目に真剣に取り組んだ感じの方が

かっこいいと思ってたから。

苦心の末に、とか。

 

でも真面目になるとわたしはすごく大変になるので(根がネガティヴ)

ろくなことにならないのだった。

 

だからもう開き直って

どんどん調子に乗ろうと思う。

 

それが調子っぱずれだったら、不協和音になるだけだ。

 

そしたらその時にチューニングし直せばいい。

 

そう思ったら気が楽になったのだった。

 

先日、ひとりカラオケ行ったら超楽しかったよと、友人を誘ったら、

何年も行ってないけど面白そうと一緒に行くことになった。

歌うのが苦手なのかな?って思ってたら、全然声も出てて、

うまいじゃん!って言うと

前はこんなに声出なかった!と自分で驚いていた。

それから彼女はとても楽しそうに何曲も歌っていた。

 

自分が今どんな音を奏でてるか?

響かせてみないとわからない。

 

まさにそういうことだって思う。

 

 

愛はおしゃれじゃないけどおしゃれは愛かも?

f:id:yurumaruhikiyose:20170512170045j:plain

今日はオフの1日。

やっと眠気から覚め、久しぶりに服などを見に行く。

街には服が溢れてるけど、本気で欲しいものってあまりない。

だからいつも間に合わせで買ってしまう。

季節の変わり目で着るものがない!とか旅行などの前で慌てて買うとか。

そういうの全然おしゃれじゃないよなあと思う。

 

でも今回もそんな感じ。

家に服はあるのに着たいものが全然ないのだ。

 

最近、食事のことも見直すきっかけがあり、

食べるものが自分のからだを作ってくれてるということを

あらためて感じている。

今まで無意識に欲しいと思ってあまり考えず詰め込んで来た食べ物。

それを意識的に、ほんとうに食べたいのか?からだは欲しているのか?

と感じてから食べるように心がけていると、

 

ほんとうにからだが喜ぶのがわかるようになった。

わたしの心も一緒にじんわり嬉しくなるのだ。

 

いっときの快楽ではない。

 

沁み入るような喜び。

 

自分を愛するって耳タコですが。

 

わたしを愛してるなあ〜〜って思うのだ。

 

突然だが、

わたしは今モテようとしているので

(男女関わらず、ね)

 

そのためにはどうすればいいか?ということを常に考えている。

 

それでモテる女性のイメージを考察してみると

自己愛というのが不可欠だとわかった。

 

やっぱり自分を大切にすることが

お互いに尊重し合える世界を実現する第一歩だと思う。

 

それがなぜモテることなのか?っていう感じだけど、

 

うふふ♡と自分がご機嫌でいて

何もしなくても周りをしあわせにするような女性になりたいのだ。

 

そんな訳で着るものも見直そうと思ったのは

着ていて嬉しい服を自分に与えてあげたいと思ったから。

 

岡村ちゃんの愛はおしゃれじゃないって歌、大好きだけど、

おしゃれは愛だって思う。

 

 

(今日は他にも更新予定。)

 

ただの日記(今日もぼんやりしてます)

f:id:yurumaruhikiyose:20170511192447j:plain

今日は午前から夕方までの仕事。

昨日に引き続き、眠い。

セッション中は集中するので気にならなかったけど、

終わったら眠くて買い物しようと思ったのに、さっさと帰宅。

 

最近、引き寄せのこと、全然書いてないけど、

相変わらずちょこちょこと日常では起きてる。

 

今日も以前から気になっていたケーキ屋さんのケーキを

お客様から頂いたり。

 

そういうことは結構あるんじゃないだろうか。

偶然と言ってしまえばそうなんだけど、

こういうことが積み重なってある日、

複雑な様相を呈することがあるので侮れない。

 

というか単純にうれしいし、ありがたい。

 

それにしても眠い。。。

 

もう今日はここまで。

 

可愛い赤ちゃんと猫の写真でお茶を濁す。

 

赤ちゃんに笑いかける時

自分もこんな時期があったんだなと思うと不思議だ。

 

覚えてないけど、自分も赤ちゃんだった頃、

たくさんの人たちに笑いかけてもらってきたんだと思う。

存在するだけで優しくしてもらってた無敵時代を経て生きてるのに

一体何が足りないっていうのだろうか?と自答する。

 

人は裸で生まれ、財産もからださえも全て置いて帰って行く。

 

足りないものなんて、そう思えば何一つないのかもしれない。

 

とかなんとか考えながら寝る。

 

今日は満月。満ち足りたそばから欠けていく。

月は潔いな。

 

 

 

ただの日記(ぼんやりしてます)

f:id:yurumaruhikiyose:20170510165036j:plain

今日は雨のち曇りな1日。体調が朝からイマイチ。

病気ではなくアレのアレで。

仕事も入ってなかったし、久しぶりに家でゆっくり過ごす。

眠くて仕方ない。

朝起きるのもしんどかったけど、猫たちが騒ぐので、

よいこらしょっと起きる。

 

ちょっと用事があったので一旦支度をしてみたけど、

今日は行くのをやめた。

昼食は昨夜の残りで済ます。

午後もぼんやりしてたらあっという間に時間が過ぎた。

 

近所のスーパーマーケットに夕食の材料の買い出しに。

連休中あれほど品薄だった寿司パックやお惣菜類が山積みだった。

買い物して帰って、ぼんやりしてたらもう夕方だ。

 

たぶんこの気圧の変化のせいでもあると思うけど、

まったく頭が働かない。

まめまめしく、毎日更新することだけを決めて書いてるblogなので、

何かしら書こうとしていることは、すでにばれてると思うが、

昨日も書いた通り、頑張らなくていいときは頑張らないほうが、

いろいろなためになると思うので、今日はこれにて終了とします!

 

 

yurumaruhikiyose.hatenablog.com

 

ああ、猫たちが夕飯くれと騒いでる。

よいこらしょっと。

 

 

 

頑張るという意味(引き寄せの基本#5)

f:id:yurumaruhikiyose:20170509142804j:plain

今日も午前中から個人セッション。

(今やってる内容はカウンセリングしつつからだの声を聞いて行く施術。)

まあ。所謂一つのスピリチュアル的な仕事です。

※気になる人はライトボディリンクスで検索してみてください。

 

午後からの予定がキャンセルになったので、馴染みのカフェでひとりランチ。

 

昨日書いた記事の続きで、また今日は過去の引き寄せ体験について。

 

yurumaruhikiyose.hatenablog.com

 

昨日会ってた友人は、

今、MAXにスピリチュアル系のアンチ度が高まってるとのことで

発言が辛辣で愉快だった。

(わたしのやってることは知ってるし施術も受けてもくれている)

 

わたしも彼女が嫌ってるスピリチュアル系の世界の住人だし

同じ穴のムジナという自覚はあるので、わたしはそういう人たちとは違うんです!

と今更声高にいうつもりもさらさらない。

でも以前から、確かに自分のスタンスと違うなあ、、、という違和感を感じる

スピリチュアル系の人たちは多かった。

(その違和感が何かについてはいずれまた)

 

でもよく考えてみたら、

やってるのが同じようなことってだけで、

それは何の業種でも違いはあるだろうと思ったら気にならなくなった。

目の前に来てくださったお客さまを大切に想い、

わたしはわたしのやることをやるまでだ。

 

さて、過去の引き寄せ体験について。

いろいろまだあるけど、基本的に言えるのは、

とにかく人に恵まれて来たということ。

 

わたしの人生、

ほぼ他力本願でやってきたと言っても過言ではない。

 

だからか、自分が頑張ったと思うことって、正直言うとあまりない。

今思えば結果的に頑張っていたと思うことはあるけど、

頑張ろうと思うと頑張る気が失せるというややこしい気質。

 

昔から応援ソングも胸に響かないし、

スポ根も好きじゃないのは、頑張ることがそんなに重要なのか?

と思っていたからだと思う。

そんな感じが、母にも「呑気だ」と呆れられてた要因だと思う。

 

頑張れない自分がダメ人間なのでは。。。

とネガティヴに思っていた時期もあった。

 

そのくせ、昨今の、

頑張らなくても良いんだよという風潮にも、

ずっと違和感があったのだった。

 

自分で書いてても

ややこしや〜〜である。

 

(だって結局、そうは言っても頑張ってる人たちの方が評価されるじゃん。

頑張りが美徳とされてたり、無意識に頑張らせようとしてる仕組みになってるじゃん。大人も子供も。ついに語尾がじゃんになっちゃったよ。)

 

きっと世の中的な頑張らなくても良いんだよ、って言うのは、

「無理することはないんだよ。」

って意味合いで、ほんとに頑張らなくてもいいってことじゃないんだと思う。

ご自由にどうぞって書いてあるのに料金箱が置いてあるようなもんだ。

 

わたしはマジで頑張らなくてもいいんだと思う。

何もしないってことじゃない。当たり前だけど。

自分の出来ることはやる。でも出来ないことまでは頑張らない。

それは他の人の方が得意だったり、

やりたいって思ってることだと思うから、

そちらに任せた方がいいと思う。

 

最近思ったことがある。

 

頑張り過ぎることは

欲張ることと同じなんじゃないか?

 

もっと〇〇が欲しいから頑張る

もっと〇〇したいから頑張る

 

もっと、もっと、、、。

 

それはほんとに何のため?

 

頑張り過ぎでお疲れのいろんな方の話を聞いていて、

みなさん真面目だなあって思ってきたんだけど、

ひとりで抱え込もうとし過ぎて、自分の風通し(心もからだも)が悪くなって、

しんどくなってるんだなあって思う。

 

一応書いておくけど、

頑張るな、とも、

頑張ってる人が欲張りって言ってる訳ではない。

 

でも、その頑張りは何のためで、

そのために本当になってるのか?と言うこと。

違うって思ったら、その頑張りは今必要ではないのかもってこと。

 

もっと人を頼っていいし、

自分が出来ることだけをもっと頑張ればいいと思う。

それは「過ぎる」ことではなく、「拡がり、深く」なってゆくことだと思うから。

 

わたしの他力本願はそういう部分で発揮することがあって、

過去には、まったく忙しくないのに、

マネージャー(サロン付き)

ライター

ウエブデザイナー

等々のチームのようになって

わたしのやってる事を盛り立ててくれようとしたことがある。

(その節はありがとうございました。)

 

また長くなるので割愛するが、気づいたらそうなっていた。

 

未熟なわたしに有り余る幸運!って思ってたから、

やっぱりこの時もどこか他人事だった。つくづく愚かだなあ。

 

でもその時にその道のプロや

手伝いたいと本気で思ってくれた人たちのご厚意に甘え、

自分のできることだけを真剣にやれたおかげで今があるとも思ってる。

ありがたい体験だった。

 

あの時のチームはだいぶ前に解散したけど、

数年後にお世話になったライターさんに再会した際に、

「あの時にまるちゃんと活動した経験が今の仕事に活かされてる!」

とものすごく何度も感謝された。

聞くと、超ビッグなスピリチュアル界の(厳密に言うとビジネス界?)

お方との仕事をしていたらしく。。。

 

わたしと知り合った時はスピリチュアル的なことは信用せず、

何それ、怪しい!とギャグみたいにいつも突っ込んでいた愉快な人だったのに。

(でも最後までサポートしてくれてたのも彼女だった。)

 

ボヤーっとサポートを受け取ってただけで、

ビッグにもメジャーにもなれず、

申し訳ありませんってもやもや思ってたけど、

そんなふうに言ってもらえたことで救われた。

 

あの時に、変に頑張らなくて良かったのかもしれない。

わたしが出来ることをお世話になりつつやったのだ。

という想いがそこで強く持てた。

 

そんな数年越しの答えに

心から感謝した出来事だった。

 

スタンダップシスター!(引き寄せの基本#4)

f:id:yurumaruhikiyose:20170508230413j:plain

今日は午前中からの個人セッション(仕事)を終え

海を東京からやって来た友人と見ながら、

ランチするという実に湘南っぽい1日。

 

友人と話していたら、ここのところの自分の変化にも

あらためて気づくことが出来た。

しばらくはまた静か内観しつつ日々の事をやっていく。

 

さて。今日は過去の最大の引き寄せ体験を振り返る。

わたしには中学頃から夢中になり、

今現在も好きなある男性ミュージシャンがいる。

思春期の頃のような熱量はもうないけど、今でもライブに行くし、

とにかく確実にわたしの血や肉になってると思うくらい影響を受けてきた。

一時期は顔が似てきたと言われるくらいだった(笑)

(今は全然似てないと思う)

 

そしてだいぶ割愛してしまうが、2年前のある日。

そんな特別な存在であるその人のライブ終わりに楽屋で

本人を前に知人の方に紹介していただくという体験をした。

 

blogには具体的な名前も書けないけど、

その紹介してくださった知人の方もすごい人で、

その方にゲストでライブに招待していただけただけでも、

びっくりだったのに楽屋に連れて行かれた時は

何が起きてるのかわからなかった。

 

もう、あわあわしてただけ。

こんな事ってあるんだなって他人事のように思っていた。

 

でも家に帰り、だんだんと感動がこみあげてきて、

嬉しくて泣いた。

 

よくわからないけど

全て報われた気がした。

 

個人的すぎるけど、その体験が今まで起きた中での、

最大の引き寄せ体験である。

 

自分は今まで頑張ってきたご褒美をいただけたんだな、とその時は思ってた。

 

でも違った。

 

受け取る側(その時のわたしにとっての)MAXを体験して、

次はお前が与える番だと言われたのだと思う。

 

それが何かはまだわからないけど。

 

ずっとそこが不明瞭だったので、

他にもあれこれ、引き寄せられる(自分にとってはすごい)経験をしても、

いまいち受け取れきれずにいたのだと思う。

 

受け取れるということは

与えられるということで

その繰り返しが大きな循環を生む。

 

いつまでも過去の思い出に浸って、

良かったなあ、、、とかほっこりしてる場合じゃない!

 

スタンダップシスター!

開いた胸でさあダイブせよ!

 

 

出せば出すほどやってきて循環して

それはフリーエネルギーのようになる。

 

そのことがやっと理解出来た。

 

 あとは実践あるのみ。

 

 

 

自分の庭から出てみる(引き寄せの基本#3)

f:id:yurumaruhikiyose:20170507234138j:plain

 

今日はゴールデンウイーク最終日。

昨夜から泊まっていた友人と1日過ごす。

朝食済ませ、川沿いの道を国道に向かって長めに散歩。

途中に立ち寄った知る人ぞ知る、誰でも入れるハーブガーデンが

初夏の陽射しに思い思い葉茂らせ、花を咲かせ、生き生きとしていた。

 

再度チャレンジしてみようと密かに思っているガーデニングの夢がまた膨らむ。

こうした素敵なお手本が近所にあることをすっかり忘れていた。

また近いうちに行きたいと思う。

 

このハーブガーデンを見つけたのは数年前だけど、

以前にも今日とは別の友人と一緒に行ったことがある。

出かける前にまだ何もほとんど花を植えてない我が家の庭について、

植物好きの友人がハーブガーデンにすればいいんじゃないか?と提案してくれた。

その後でこのハーブガーデンに寄ったら、いつもは無人のことが多いが、

ちょうど庭づくりをしているオーナーさんが居て、

庭を見せてもらう時にお話ししたら、ハーブを少し分けてくれたのだった。

さっき提案されてたことが、気づけばもう実現化に向けて動き出していた、

ということがあったのを急に思い出した。

 

庭と言えば、

自分のテリトリーという意味合いも持つが、

自分の庭から出てみることで、思いもよらなかったことを引き寄せることがある。

 

いつもの自分のパターンを崩すこと意識的にしてみると、

新たに見えてくることもあると思う。

 

最近で言うとわたしがしているのは、今まで知ってはいるけど、

明確な理由はなく何と無く避けてた著名人(成功してる人系)の本やBlogを読むこと。

なんとなく苦手、自分には関係ない、等々で食わず嫌いなものって意外と多い。

 

でも当たり前だけど世の中に多く受け入れられるものって

それなりの理由があるのだ。

分析して自分に活かすと言うことでもないが、

ただなんとなく避けてた、という事を

実際に本を読んでみることで、

自分には必要かそうでないか分類し、

グレーゾーンだった部分を再構築していく感じ。

情報として新たにインプットする目的は薄い。

 

あくまで今の自分にとってはどうなのか?

という事を好き嫌いではなく感じてみる作業だ。

 

結構思い込みで避けてただけのこともあるし、

やってみると意外と面白い。

 

それで何がどうなるか?直ぐに答えが出るものでないけど、

こうした細かい積み重ねで突然、見たこともない庭がある事を気づいたりするのだ。

 

それは狭いテリトリーとしての庭ではない、

自分の創造性の空間としての庭だ。

その空間は自分の中にいつでもあって、いつでも拡げられるのだ。

 

そんな事を考えると人は本来はいつでも自由なんじゃないかと思う。

 

 

そうして勝手に苦手とか関係ないと思って、実は気になってた事をやってみると、

自分のこだわりが意味のないものだったと気づいてきた。

 

わたしはこういうキャラでやってきたからとか、

ほんともう飽き飽きだ。

 

そんなもんぶっ壊してしまえと思う。

 

まあ、突然そうなっても、自分も周りもびっくりだし、

こうしてパターンを崩していくように柔軟体操的方法も取り入れつつ。

 

日々の実験は続く。