ぼんやりしてても願いは叶うのか?

ゆるっとまるっと引き寄せ体験についてのこと。

歓びの種(引き寄せの基本#2)

f:id:yurumaruhikiyose:20170504194906j:plain

 

本日も実家。

今日はオットが所用で別行動になったので、

わたしは一人でローカル線に乗り街へ。

映画を観て少しぶらぶらして夕方帰宅。

 

久しぶりに地元駅に行ったら、ついに無人駅になっていた。

移り変わりを感じる。

 

帰って実家のかなり早い時間の夕食をいただき、

また自室でごろごろしている。

 

 

実家に来ると、いろんな風景から、昔の自分と交差するような感覚になる。

思い出というやつは、不思議なものだ。

今ここにないのに、経験したわたしはここにいる。

 

今日観た映画は美女と野獣

 

本を読み、自由な世界を空想する、美しいけれど

どこにでもいるような女の子、ベル。

でも狭い村では「変わっている子」として敬遠されてる。

 

思わず、昔の自分を思いだした。

ああ、美しい訳ではなく(笑)

 

「変わってる」という点で。

母親にも言われたことがある。半ば吐き捨てるように。

 

自分の思う通りに行かないこと、

自分の価値観の範疇を超えたことなどは、

変わってる、おかしい、という言葉で切り捨てられる節が、

狭いコミュニティにはどこにでもあると思う。

 

そういった窮屈さが嫌で上京したのだった。

 

でも帰れる家があるというのはありがたいことだとも今は思う。

 

映画の中でビーストにお城の図書館へ案内されて、

見たこともない本に囲まれ嬉しそうにしているベルに

そんなに気に入ったのなら全部あげると言った後の、

彼女の表情!を見て、

うわァっと胸がときめいた。

 

望んでいたものが思わぬ形で叶った瞬間の歓び。

 

自分の中にもそう言った歓びの種があるから。

 

良い人ぶる必要は全くないけど、

人の歓びに共鳴できる自分でいることも

願いを叶えて行くために大切なことだと思う。

 

それから

 

たとえ自分のほうの願いが叶わなくても

身近な、見聞きした人たちの同じ願いが叶った時に

 

自分の代わりに叶えてくれたのかもしれない、

と思うと、

 

狭いところを見てた自分の視野が広がるのだ。

 

わたしにはとてもそう思えない、、、まるちゃんってやっぱり良い人、

って思うのはちょっと待って。(ちょ、待てよ)

 

これは引き寄せのコツです。

構造的にそうなの。

 

同種の法則というのが自然界にはあって、

同じような波長のものは同調して増幅する、というもの。

 

だからっていつも人のことを自分ごとのように喜べっていうのとか、

常にポジティブでいなさいっていうつもりもない。

本気でそうしたい人はいいけどね。

 

ただ今は一緒に喜べ無くてもいいから

願いを叶えた人が現実にここに存在しているということを

ただ目を背けずに見れば(観察すれば)いいんだと思う。

 

この人には出来たけど自分には無理だって思えばそれまでだし、

この人にも出来たし、可能性あるかも。って思えればしめたものだし、

 

叶っても叶わなくっても、もういいや〜♪

って思えたら大したものです!!

 

 

それを作ればやって来る、、、

とフィールドオブドリームズ的に言えば、

 

引き寄せはそれを手放したらやって来る。

 

本気で心で(魂で)決めていることは

頭から忘れてしまっても大丈夫。

 

そういう意味でも望んだものは全て叶うのではないかと思う。

 

ただ目の前に与えられたものを受け取って

日々を生きることが

日常の引き寄せだと思ってる。

 

わたしがこのblogのテーマを引き寄せにしたのは、

これまで引き寄せって言われてたことじゃない、

もっと普通のことが書きたかったから。

 

今感じてることを書いてみたいと思ったから。

 

どれだけのものに助けられ恵まれてきたのかということを

おさらいしておきたいと思った次第。

基本的に過ぎたことは年々気にしなくなってるけど、

歓びの種が、ほんの少しでもおすそ分けできたらと思う。

 

誰でも成功するためのノウハウとか

そういうのは一切出てこないと思うので悪しからず!