ぼんやりしてても願いは叶うのか?

ゆるっとまるっと引き寄せ体験についてのこと。

ジューンベリーの実が色づく頃に思ったこと。

f:id:yurumaruhikiyose:20170523222545j:plain

本日は家のことをして過ごす。

ここのところ移動が多かったので、久しぶりに一日中家にいた。

午前中に農産物直売所に行き、新鮮野菜と花の苗などを買い出し。

家に戻って昼食を作り、食べて、30分くらい昼寝をした後で、

庭仕事。今までしばらく荒れ放題にしてた庭。

少し前に草むしりや垣根の剪定をしたので、

今日は花壇に新しくハーブなどを植えてみた。

今日、気づいたけど、

昨年に植えて種がこぼれて発芽した大葉の小さい芽が出てて嬉しくなった。

大きくなるといいな。

シンボルツリーとして

6年前に引っ越しした際に植えたジューンベリーの実も、

順調に赤くなってきた。

 

茅ヶ崎に越す前は東京に10年くらい居た。

もちろん今よりも若かった訳だけど、

断然、今の方が元気だ。

 

今月でまたひとつ歳を重ねるが、振り返ってみると、

昔はなんであんなに日々具合が悪かったのか?と思う。

 

病院も年に何回も行ってたし、毎年インフルエンザに罹ったり、

元気な時もあったけど、落ちる時の落差も激しかった。

出かけるとすごく疲れてたし。精神的にも不安定だった。

 

歳を取ると疲れやすくなるって

ほんとのことなのか?って思う。

 

別に運動して鍛えてる訳じゃないし、でも今の方が調子が良い。

わたしの場合は特に以前は無駄なエネルギーを使い過ぎてたんだと思う。

以前にも書いたけど、母に似て超ネガティヴだったし。

自分が好きじゃなかった。 

yurumaruhikiyose.hatenablog.com

 

怖いものもたくさんあったし苦手な人もたくさん居た、、、はず。

はずというのは、もう何が怖くて苦手だったのか?

忘れてしまったから。

 

いちばんわかりやすいのは、出る度に大騒ぎしてた

ゴッキーが全然平気になったこと。

ある時に、

自分の方が大きいし力もあるし、何故それなのに怖いって思うのか?

と思ったら、急に大丈夫になった。

不思議なことに家に出なくもなった。

ある日、見つけて、出て行って欲しいと話したら、

さささっと廊下を駆け抜けて、玄関の方に行ったので、

ドアを開けると、そのまま外に走って行った。

それ以来、出なくなった気がする。

 

話せば通じるのかと思い、

そう思ったらますます大丈夫になった。

 

人間もそうだけど、よく知らない人はおっかない。

お互いに距離感も掴めないし。

 

まず決めつけないで、柔軟な態度を取ることのほうが、

攻撃するよりもお互い自分を守ることなんじゃないかと思う。

そんな悠長なこと言ってられない時もあると思うけど、

だからこそ普段の日常が大切だと思う。

 

いろいろ普通に言われてることを鵜呑みにするんじゃなく、

ほんとうにそうなのか?

わたしはどうしたいのか?

って問い続けられる人はいつでも強くなれる思う。

強いってのは、ただ力だけを持つのではない。

その強さをどう使って行くのかも問い続けられることが、

真に強いということだと思う。

 

自分の弱さに負けることも

自分の強さに負けることも

一緒のことだから。

 

この10年くらい掛かって、

わたしは自分の弱さをずっと見てきた。

そのうちに強さもなんとなくわかってきた。

 

そして今は、それらをどう使って行けるのか?

ということ考えてる。

 

自信なんて最初からない。

 

でも、駄目だと自分のことを責めることは無くなった。

そんなことをしても何もならないことに気づいたから。

ただそういう至らないことがあると認めるだけ。

 

あとはどうするかを決めて動くか、

無理だったら他のことに取り組むか、

そんなふうにして過ごす。

 

出来ないことなんて数えたらきりがないし。

 

あと、いちばん楽になったのは、

 

わたしって良い人間じゃなかった!!

と気づいたこと。

良い人に見せようとただしてただけだと。

 

それを認めるまで時間も掛かったけど、

認めてしまったら、生きるのが楽になったと思う。

 

良い人になろう!じゃなくて、

そのままでもいいという道が拓けた。

 

弱さを認めたら、別の強さが出てくることってあると思う。

 

そんなことを、誕生日前にあらためて思ったのだった。