読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりしてても願いは叶うのか?

ゆるっとまるっと引き寄せ体験についてのこと。

ただの日記(そうだ京都にいたんだ。)

 

f:id:yurumaruhikiyose:20170519211106j:plain

本日は昼までの仕事を終え、洗濯、片付け、買い物、水汲み。

昼食を作り食べて午後から近所の友人Kくんと待ち合わせて自由散歩。

まるで夏のようなジリジリとした日差しの中、

高野川沿いを歩いて、糺ノ森を抜けて更に少し歩き

Kくんと同じ名前のK喫茶店に流れ着いた。

アイスコーヒー飲みながらまったり話す。

 

お互いの親友についてや、友達との距離感、出会いなどについて。

過去を遡り話している時の頭の中の時系列を捉えながら

窓の外を行き交う人々と散歩中の犬達などを眺めていると

なんとも奇妙な感覚がしてきた。

 

ここはどこで

今いつなんだろうか?

 

そんなふうに思ってたらさっき通ったサマーカットで特徴のある芝犬が

再び同じ方向から歩いて来たので

まさかタイムリープしてる⁉︎

と思ってしまった。

 

その後はまた下鴨神社を抜けて歩いて帰ることに。

すると、白装束の修行僧と修行者の方達に遭遇した。

そういえば、今朝は比叡山からたぶん来られてる僧侶の方

(こちらは黒い装束だった)が近所の家の前でお経を唱えて

走り去っていく姿を見てびっくりしたのを思い出した。

 

さすが京都。

ああ、そうだここは京都でした。

 

高野川沿いをまた遡り歩いて

途中のベンチで休憩しつつ、

いろいろ話していると、今度は対岸に鹿が現れた!

 

さすが京都。

ええ、本当に京都に居ますね、わたし。

 

最近、日々が更新されていくので、ますます今日は今日で、

明日は明日で、過去は過去としか思えなくなっている。

 

そんなの当たり前でないか?と思われるかもしれないけど、

意外とそうじゃないのだ。

 

過去を思う時、人はその過去にいったん戻ってしまう。

カラダごとではないけど、頭の中で。

明日のことを考える時は、

もう頭の中で明日に飛んでいる。

 

今に居なくなってしまう。

 

そうやってぼーっとしてたら、

いつの間にか時間が経っていた、なんてことはよくあると思うけど、

それもある意味、タイムリープ(ワープ)だと思う。

 

その間、今の自分はどうなってしまっているんだろう。

 

今ここに居ないとあらゆる感覚が閉ざされてしまうような気がする。

 

目の前のことが見えなくなり、聞こえなくなり、

今差し出されたチャンスや豊かさがあっても気づけない。

 

タイムリープもほどほどにしないとね。

 

どんどん過去がただの過去に、

今は今になって行ってるのは、

そのことに気がついたからかもしれない。

 

 

今日は、そんなちょっと不思議な感覚の

何かの狭間に居るような1日だった。